ディーラー下取り

MENU

ディーラーの下取りとは?

ディーラーで車を買い替えするときには、今のっている車を下取りに出すということを行う人は多いと思います。この下取りですが、もともと新しい商品を購入することを条件として、今まで使用していた商品を買い取ってもらう契約のことになります。そのため、一般的な下取りの場合には中古品として販売をするよりは下取の方が高額であったり、壊れていても買い取ってもらえるというメリットがありますが、自動車の場合にはやや異なる性質があります。家電などの下取りの場合には中古品としての流通を考えずに行われますが、自動車の場合には通常中古車としての流通を行うことになるため、整備費用や販売までにかかる経費などを鑑みて下取表の価格を基準として下取り価格が決定されていきます。そのため、通常中古車販売店に車を売却するよりも低い価格が提示されることが多いと言われています。もちろん、中古車販売店に売却をするよりも高額で下取が行われるケースもありますので、この辺りはディーラーの下取りと中古車買取業者の査定額の提示を受けてから考える方が良いとも言われています。