乗り換え

MENU

乗り換えのタイミング

中古車査定を行ってもらって下取りに出したり売却したとき、自動車を乗り換えようとしている場合もあるでしょう。この場合、中古車査定後どの時期に行われると自動車税の課税にとって有利なのかですが、自動車税は毎年4月1日現在の所有者に課すると地方税法に明記されていますから、4月1日以降に名義変更で入手すれば、その年度は新しい自動車税の納税義務はないことになります。
逆に中古車査定を行ってもらい売却したり下取りに出したりしたときには名義変更してもらったタイミングが4月1日以降になれば、その年度の一年間分の納税義務が自分にあることになります。
このため、中古車査定時に見積りと共にいつ名義変更するのか確認をすることが大切で、しかもできれば抹消登録後、中古車新規登録をしてもらうように伝えましょう。こうすれば前使っていた自動車のナンバープレートも返納しますので、その車の車体番号以外ではその車を自分がかつて使っていた自動車かどうかはまったく分からなくなります。自動車税もいったん廃止すれば、そこでその車の課税云々は終了と言うことになります。
ただし、滞納している場合は滞納分の督促などは行われるはずですので、逃げることはできません。

 

車の乗り換えで買取の一括査定を利用する

 

今乗っている車も古くなってきたし、そろそろ他の車に乗り換えようかなと考えている人は多いですよね。
そこで現在乗っている車を売って次に乗り換える車の資金にしようと、少しでも高く買取ってもらえると助かるけど、色々な店で中古車査定を受けるのは大変だなと思っている人も多いのではないでしょうか。
車は高価なものだから、少し買取金額が変わるだけでも大きな影響があります。
しかし、だからと言ってあまりにあちこちの買取業者を回って中古車査定を受けるというのも手間がかかってなかなか大変なものですよね。
そこで、最近はインターネットが普及したことで複数の買取業者から一括で中古車査定を受けることの出来るサービスなどがあるのでこれを利用してみてはどうでしょうか。
この一括中古車査定を受けるメリットは手間がかからないというだけではなく、一度の多くの買取業者から車の査定を受けることができるので、自分が現在乗っている車の相場価格を知ることが出来るといったメリットがあります。
そのため、実際に車を売る状況になった時にもその相場価格を参考にして価格交渉を行うことが出来るため、相場価格を知らない状態よりも買取金額がアップするといったメリットもあるのです。