車検の残り

MENU

車検の残り期間の評価

中古車査定を受ける場合に車検の残り月数は査定価格に影響してきます。

 

中古車査定を受けた時点で1年以上期間が残っている状態でしたら査定額がプラスになる可能性がありますが、1年を切ってしまった場合プラスになる可能性は低くなります。残りが2か月切った場合でしたら査定額がマイナスになってしまう可能性もあります。

 

中古車買取会社は自社で提携工場があれば我々よりも安い費用で車検を通すことが出来ます。

 

このため買取価格に反映させることは難しくあります。中古車買取会社は買い取った車は出来る限り高く売却したいと思っており、新しいオーナーを得るまでの期間は在庫として抱えておくことになります。中古車買取会社が車を買い取った時点ですでに売却先が決まっている場合でしたら問題ありませんが、そうでない場合は在庫期間が長くなれば長くなるほど車検の日数は減っていくことになるのです。

 

それであれば中古車査定の前に車検を通した方が良いのかというと、実際は通さないで売却する方が良いのです。それは通した時の中古車査定のプラス査定がさほど高くなることはないためで、通した時の費用が実際の中古車査定でのマイナス査定額よりも上回ることがあるためです。

 

 

自動車査定 TOPへ