下取り 買取

MENU

下取りと買取の違い

車を売却するときには大きく分けると二つの方法があると言われています。一つは新車販売ディーラーで新車を購入するときに下取りとして今まで乗っていた車を売却する方法と、車の購入を問わずに中古車買取店などに買取りをしてもらうという方法です。下取りの場合の前提条件はそのお店で新たに車を購入することがありますが、買取の場合はそのような条件はありません。また、下取りの場合には通常下取表と呼ばれれる車の車種や年式などによって決まっている買取価格表を基準にして査定をしますが、買取の場合にはその時の中古車オークションの相場を参考にして査定が行われるという違いがあります。さらに、下取りの場合には多くのケースでその自動車販売店の系列の中古車ディーラーで販売することになるため、その販売までにかかる整備費用や保管費用などの販売経費などを鑑みて査定額が算出されると言われていますが、買取の場合には買取った車はそのままオークションに出すことが多いため、コストがかからない分査定額が高くなりやすいという違いがあると言われています。

 

 

自動車査定 TOPへ